ソフトバンクすごい。
あべです。

604366 引用

風邪が治りません。
皆さまもお体ご自愛ください。

なんとも印象的なタイトルのコラム。
70歳、彼女と過ごす夜。高齢男性が語る人生最後のセックス

> 「人生、あと10年だと思ってるんだよね。いつ死ぬかわからないから、やりたいことやって楽しみたい。ひとりもんだから、金を遺したってしょうがないしね」
> 「病院に入るくらいなら死んだほうがマシ。看取ってくれる人もいらない。結婚しようなんて考えたこともない」
> 女性に50万円を貸して踏み倒されたこともある。「そんなのはいい。逃げられてもいいんだ」。

これは還暦男性の語りです。
読んでいて少し切なくなるとともに、「人間じいさんになっても思考は変わらないんだなぁ」と。
なんとなく言いたいことが理解できてしまうんですよ。

刹那的に生きる、というと格好良すぎるかもしれませんが、こう「現代人の感覚」みたいな。
あべの周りにも結婚願望の無い友人は多いですし、こういう生き方もあるんだなぁって。

4ページにわたるやや長めのコラムなんですが、読みやすいので是非本編を読んでいただきたい。
特に三十路の男子に。

そんな感慨深げなコラムでしたが、さておき中の一編にこんな言葉がありまして。

> 「20代は『あれはヤダ、こんなのはできない』とか言うけど、40代50代はサービスがすごくいい。こっちが黙ってても気を利かせていろいろやってくれるから、すぐイッちゃう」

うむ。なるほど。
そうなんですね。

50年遊び続けてきた独身貴族、いやもはや独身「王族」が言うんだから間違いありません。
全てを鑑みれば人妻デリヘルが至高だったということなんです。

最近は人妻ヘルスもだいぶご無沙汰だったので、あの優しさが恋しくなってきていたのも事実。
ちょっと人妻店行ってこようと思います。

こっちが黙ってても気を利かせていろいろやってくれるから、すぐイッちゃう』ような素敵な人妻ヘルスをデリヘルキングで探す!

あべでした。