夏終了!
あべです。

27808825

天理市長、公務出張中に風俗サービスを利用 “本番行為”も要求

> 並河市長は、今年2月と6月、それぞれ予算の陳情と全国市長会出席のために上京。
> 2回の公務出張で都内の同じホテルに宿泊し、“派遣型風俗エステ”を利用していたという。
>
> 「第一印象は乱暴そうな人ではないなと。洗面台にロクシタンやクリニークといったブランドの化粧品があって、
> 身体からはローズの香りをさせ、清潔感がありました」
>
> と証言するのは、市長のお相手をした20代半ばのマッサージ嬢だ。同店は客が受け身の形になるシステムだが、
>
> 「彼は“したい”“入れたい”と2~3回言ってきて、私も断っていたんですけど……」
>
> 交渉の末、5000円で“本番”行為に及んだという。

うーん。

公務出張とはいえ仕事終わった後ですし、回春ぐらいは許してあげたい。
仕方ないですよ。回春気持ち良いですもん。

いや確かに本番やっちゃったのは大問題です。

とはいえどこかの2世タレントみたいに無理矢理やった訳でも、
ましてや女性に訴えられた訳でもない。

お店の指示で行われた管理売春ではなく、客と嬢の合意のもと行われた本番行為は「単純売春」と言って、
一応売春防止法で定められた違法行為ではありますが、罰則規定はないんですよ。

解説サイトでも書かれています。

> つまり、単にお金の授受があって本番行為に及んだ(これを単純売春といいます)場合には、
> 違法な犯罪ではあるが、警察に逮捕されることないということになります。
>
> これには理由があります。
> 売春防止法が単純売春を処罰しない理由は、「売春せざるを得ないような状況の人は保護しなければならない」という考えがあるからです。
>
> この法律ができたのが1956年であり、まだ日本が豊かではない時代に
> 泣く泣く身体を売らなければならない女性を保護するためには、単純売春まで罰するのは酷であるとの考えがあったわけです。
> また、密室内で本番行為があったことの立証が困難であることも、
> 第3条の単純売春を罰しない理由の一つとされています。
>
> ただし、女性に売春を斡旋したり(6条)、売春業を営んだり(12条)すれば違法な犯罪として逮捕されます。
> 今の時代、不景気とはいえ日本は戦後に比べて遥かに豊かになり、
> 風俗嬢となって身体を売らなくても何かしらの仕事で生きていくことは容易ですので、
> 現代の実情に則していない法律なのかもしれませんが、結論としては、本番行為は違法な犯罪行為ではあるものの、
> 罰則規定がないため警察に逮捕されることはありません。

引用

まあ罰則がないからと言って、やっちゃダメなもんはダメ。
特に公的な立場にある市長さんは自重しないとアカンです。

よくある暴行事件ではないですし、何より被害者なき違法行為な訳で、
あべ個人の心情的にはその分仕事を頑張れば許してあげたいところですが、、
世間様はダメでしょうね。激オコでしょう。

次の選挙がどうなるか分かりませんが、なんとか反省して頑張れ、としか言えません。
頑張れ天理市長。

そしてこれに懲りず、これからはOFFの日に回春利用してください。
もちろん次はマッサージと手コキで我慢しましょう。

あべでした。